ホーム > ニュース> お!これいいね。PPSスイッチの工夫ー風船スイッチを作ろう!ー

お!これいいね。PPSスイッチの工夫ー風船スイッチを作ろう!ー

難病と在宅ケアの2016年2月号で、SMA患者家族の鈴木さんがPPSスイッチで使えるスイッチを紹介されていました。
今回は、部品を用意したので、早速試してます!(*´∀`)




使う材料はこちら!

・バルーン風船

・スプリング:WAVE オプションシステム シリーズ Aスプリング No.1 1.0mm 2本入り

・水作 スリムチューブ 1.5mm

・チューブジョイント



作成は簡単。スリムチューブに、ジョイントを取り付け、スプリングを写真のように、U字にテーブで固定します。次に、バルーンチューブをスプリングの長さくらいにあわせて切り、かぶせ、テープで固定します。

このスプリングの利用がミソのようです。空気をいれなくても、風船が形を保っています!!





これを、PPS本体に繋いで完成です。(*´ω`*) そうそう、驚きな点が一つ!通常PPSスイッチのエアーバックだと16段階ある感度調整の設定が、この風船スイッチだと、感度1程度でも十分に小さい動きを拾ってくれます。マイクロスイッチや、これまでのセンサスイッチでも拾えなかったような動きでも拾えるので、とてもよい工夫だと思います。紹介していただいた、鈴木さん、ならびに、元アイディアの家族のみなさま情報ありがとうございます。



最後に、この風船スイッチを紹介したところ、なかなかの高評価。ちなみに、普通のエアバックだと、感度が7必要だったのが、風船スイッチだと、感度が1.全然違いますね〜。(*´ω`*)



PPSスイッチ 風船スイッチ 2017-02-21 20:37 この記事のURL


ページのトップへ戻る