アームサポートつかってる?

普段、使っている、マウスや、車いすのコントローラやゲームコントローラなど

使いにくいなーーーって感じることはありませんか?(・∀・)



腕の力が弱いと、手の動きが狭くなってしまいます。



そんな時、重宝するのが、アームサポート!



手首や小指の下あたり、人差し指くらいの高さが一本あるだけで、


動きが劇的に変わりますよ!(・_・)

写真の紹介では、ソフトワイヤーを使っていますが、スポンジでもなんでも結構です。ぜひ試してみてねー。



アームサポート 2016-02-17 13:13 この記事のURL

きまぐれぐーたkid’s:みる


今回のきまぐれぐーたKid’sは、「みる」がテーマ。



車いすの方は、「みる」で、どんな工夫をしているのかな?


きまぐれぐーたkid’s 2016-02-12 15:00 この記事のURL

きまぐれぐーたkid’s:体重をはかる


きまぐれぐーたTVから飛び出した、新たな番組が始まるよ!(^o^)

新番組 きまぐれぐーたKid’s



この番組は、身の回りの「なんだろう?」を探求する、教育番組です(・∀・)


車いす 2016-02-08 15:00 この記事のURL

コレスペニュース20160204






第20回コレスペ塾。


今回は実現可能かなどは別として、将来こんな生活をしてみたいなどを考えたことがあるのかという質問をしてみました。


最近になって、自分の生活について考える機会が多くなったというYさんは、呼吸器など医療の必要性があると、病院から出て地域で生活したいと思うが自己管理など難しい課題もあると言います。逆にこのまま何も考えずに病院で一生を過ごしたいと思っているのか(もちろん社会で暮らすのが偉いとかではなく選択するのは個人の自由)と皆に問いかけました。


Mさんからは現在の病棟の生活スケジュールについて、スタッフの勤務態勢など実際に難しいと思うが、例えば朝食時間を7時から8時にしたら自分達の生活にどんなメリットとデメリットがあるのかなどを考えることがあるとのこと。確かに病棟のスケジュールもそんな風に考えることってほとんどなかったことでした。、lさんからは実現するためにはどのようにしたら良いかわからないけれど、札幌に移転して八雲病院の医療が引き続き受けることができるなら、週に一度以上で家族の介助ではなく、重度の筋ジストロフィーの介助技術を自分達で教えたヘルパーやボランティアと外出したり、作業所でアルバイトしたいとのことでした。


札幌への移転を控えている今、八雲病院に入院している僕達が将来をどのように考えていくのかは、とても大事なことです。たとえ方法がわからなくても声に出して、コレスペ塾の皆で知恵を出し合う。そんな感じはどうでしょうか?


執筆:よっしー

コレスペ塾 2016-02-04 15:00 この記事のURL

ティッシュケースをつくりました!









3Dプリンタ班の、「むかい」くんの作品です。


テーブルの上のスペースがもったいないとの理由で、ベッド柵にぶら下げるティッシュケースを考えたそうです。


こんなのも、ちょっと考えて作れてしまうなんて、すごい時代ですねー(・∀・)

3Dプリンタ 2016-01-27 16:00 この記事のURL

コレスペニュース20160127






第20回コレスペ塾。



今回は実現可能かなどは別として、将来こんな生活をしてみたいなどを考えたことがあるのかという質問をしてみました。
最近になって、自分の生活について考える機会が多くなったというYさんは、呼吸器など医療の必要性があると、病院から出て地域で生活したいと思うが自己管理など難しい課題もあると言います。逆にこのまま何も考えずに病院で一生を過ごしたいと思っているのか(もちろん社会で暮らすのが偉いとかではなく選択するのは個人の自由)と皆に問いかけました。
Mさんからは現在の病棟の生活スケジュールについて、スタッフの勤務態勢など実際に難しいと思うが、例えば朝食時間を7時から8時にしたら自分達の生活にどんなメリットとデメリットがあるのかなどを考えることがあるとのこと。確かに病棟のスケジュールもそんな風に考えることってほとんどなかったことでした。、lさんからは実現するためにはどのようにしたら良いかわからないけれど、札幌に移転して八雲病院の医療が引き続き受けることができるなら、週に一度以上で家族の介助ではなく、重度の筋ジストロフィーの介助技術を自分達で教えたヘルパーやボランティアと外出したり、作業所でアルバイトしたいとのことでした。
札幌への移転を控えている今、八雲病院に入院している僕達が将来をどのように考えていくのかは、とても大事なことです。たとえ方法がわからなくても声に出して、コレスペ塾の皆で知恵を出し合う。そんな感じはどうでしょうか?

コレスペ塾 2016-01-27 15:00 この記事のURL

Wiiパーティーを皆で遊んでみた!

みんなでWiiパーティーを遊んでみた!


笑って楽しめますよー!

他にも、Wiiパーティーには、スイッチでできるゲームがいろいろとあるので、おすすめです!



ゲーム 2016-01-26 15:00 この記事のURL

Wiiパーティーで遊ぼう!−ジャングルジャンプ編−

Wiiネタが続きますが、Wiiパーティーのジャングルジャンプというミニゲームで相談があったので、一つの方法を紹介します。


このゲームは、Wiiリモコンを振って、ロープを揺らし、ジャンプして、距離を競うゲームです。
操作は、Wiiリモコンを持たなきゃいけない。そこで、こんな方法でもできるよ!というアナログな方法を紹介!



ゲーム 2016-01-25 15:00 この記事のURL

コレスペニュース20160121








第19回コレスペ塾のレポートです。


 


第19回コレスペ塾。



今回は併設の養護学校高等部を卒業後に、在宅療養を経験しているY君に体験談を話してもらいました。
高等部卒業後は退院して、在宅療養を選ぶことは入学した時から決めていたY君。在宅療養をするために、当時はカフアシストのレンタルなどがなく在宅で使えなかったので、PTの三浦先生に排痰の指導を家族と受けていたとのこと。在宅療養を始めて数年後、体調不良のため八雲病院に外来として入院しました。当初は1カ月間の入院予定でしたが、八雲病院での生活が、家での生活に比べて良く思えて来たこと(車いす乗車や活動時間やコミュニケーションなど)や、体力的なことを考えて再び入院生活をすることに決めたそうです。在宅で苦労していたことは人とのコミュニケーションで、どうしても外に出る機会が少なくて家族との会話しかない毎日。外に友達や仲間をなかなか作れないとのことでした。在宅から入院生活になって数か月のYM君は、仲間と会話できることがとても楽しいと話していました。
入院か在宅どちらを選択したいのかは、自分がどんなコミュニティーで生きていきたいのか。そんな選択かもしれませんね。

コレスペ塾 2016-01-21 15:00 この記事のURL

本日のOT室





本日のOT室〜(^o^)


 

OT室 2016-01-21 14:00 この記事のURL




ページのトップへ戻る