ポケモンGOであそぼー。PC編

今話題のポケモンGOですが、病院にいるみんなにとって、なかなか、ポケモンGOで遊ぶことは難しい。。。

そこで、パソコンで、アンドロイドエミュレーターをつかって、ポケモンGOで遊べるようです。

ポケモンGOをPCで遊ぶ方法!外に出ないでもプレイできる

「むかいくん」はワンキーマウスで操作しています。今はより改良中で、顎のジョイスティックも活用しています。
GPSがなくても、位置偽装ができるので、八雲でも上野で遊べるようです。ただし、利用規約に抵触するようで、アカウントが停止になるかもしれません。その上で、ポケモンGOの雰囲気を味わいかたは、どうぞ!・ω・



動画

実際に操作している動画です。


ゲーム 2016-07-25 13:09 この記事のURL

Are you having fun?

遊びは一日にしてならず。。


あの有名な、某人気番組を実践してみました。。


設置にかかる時間は、数十分!あの番組の裏かたさんの思いがひしひしと伝わってきました。(´・ω・`)





動画


実際に操作している動画です。後半は、180連発装填のマシンガンタイプのゴム銃。装填に1時間もかかるようです。発射は10秒。。





遊び 2016-07-05 22:13 この記事のURL

ゴム銃で遊ぼう!

日本ゴム銃射撃協会・一般社団法人ユープラスの笹野さんが遊びにきてくれました。当日は、ゴム銃を紹介。割り箸のゴム鉄砲を知っている方も多いと思いますが、今ではデザインも進歩しています。みんなも、男子です。熱中していましたよ!今度は電動で動くゴム銃も披露してくれるとのこと。楽しみです!





動画


実際に操作している動画です。後半は、180連発装填のマシンガンタイプのゴム銃。装填に1時間もかかるようです。発射は10秒。。





遊び 2016-05-19 15:38 この記事のURL

第28回コレスペ塾。

本日のテーマは、「伝えたつもりが伝わらない。。。」

みなさんの中にも、誰かに用事を頼む時に上手く伝わらず困ったことはありませんか。そんな経験を一度はしたことがあるはず!(・∀・)




普段、病院スタッフに介助を依頼しますが、例えば、「上にづらして」といっても、「上ってどっち?」とすぐには伝わらないなど、理解してもらうまで、数度のやりとりが必要な場合があります。

これは、人によって違うので、センスなのかな?と思うときがあります。


「確かに、滑舌が悪いなどで、聞き取れない、特に、はじめての場合は、その話し方に慣れるまで時間がかかるかもしれません。

まず大切なのは、相手はどう感じるのだろう?聞き手にとって、上ってどちらだろう?と、お互いにイメージを共有できることが大切だと思います。自分では、わかったつもりで話していても、前後の文脈がなければ、何の話だかわかりませんよね。」



今、障害者差別解消法などで、話題になっている、合理的配慮をご存知ですか?

でも、この合理的配慮。まだまだ、どんな困難さがあって、どのように支援するのかは、具体的に書かれていません。イメージを共有していくためにも、みんなが、どんなことで、困っているのか?ぜひみなさんで整理していきたいですね。

コレスペ塾 2016-04-26 08:14 この記事のURL

第27回コレスペ塾

本日は普段の生活でもっとこうなったらいいなと思うことを皆に聞いてみました。



「自分用のワイヤレスマウスを使っているので、いちいちUSBの受信機をパソコンに付けたり外したりするのが少し面倒なので、自動でどんなパソコンでも使えないかな」。すると「それならブルートゥースならどうかな」と周りの皆からアドバイスが聞かれます。



 「パソコンでイラストを描いている時に、画面をWindowsの拡大鏡を使っているけど、マウスに拡大鏡がついて行くので使いにくいときがある。」。すると「拡大鏡にはいくつかのタイプの画面モードが選べるよ。」とまたまたアドバイスが聞かれました。



 「ベッドサイドのテレビやパソコンの配線が複雑で故障すると大変。何か良い方法ないかな」。これは皆も同感するようで「全部ワイヤレスなら良いのに」という声があがります。



 他にも聴いてみると、結構出てくるものです。そんな皆のやり取りを聞いて感じたことは、もっと良い方法がないかなと思ったときには皆と話題を共有すると、このように、案外インターネットなどで自分で調べるよりも早く解決できるかも知れません。また、「あったらいいな」も自分の気持ちの中で暖めてても実現しませんが、声に出すことで形になるかも知れないということです。



 皆さんも「あったらいいな」を誰かに話してみませんか?

コレスペ塾 2016-04-21 21:29 この記事のURL

第26回コレスペ塾



本日は「はこだて未来大学」卒業ほやほやの「よっしー」を招いて、卒業研究の発表を聞かせてもらいました!



彼の卒業研究のテーマは、観光地のバリアフリーに関する調査研究。

函館の町を実際に車椅子ユーザーが、スマートフォンの加速度センサーを利用した道路の凸凹を測定するアプリを持って移動して、町のバリアフリー情報をデータ化したそうです。

将来的にはインターネットのマップで情報を公開するようなシステムが出来たらとのこと。



僕達の外出にも便利なこのシステムですが、北海道は観光が大切な産業のひとつです。北海道に遊びに来る車椅子ユーザーのために、皆で協力出来たら良いですね。



コレスペ塾 2016-04-05 11:53 この記事のURL

春休み、電子工作教室

スイッチひとつで、もっと工夫をしてみたい。市販製品には、なかなか見つからないなーっと、お悩みのかた。いっそのこと、自分に使いやすいように、モノ作りを始めてみませんか?いまなら、気軽に自分にあったカスタマイズができる環境が整っていますよ!(*´∀`*)



本日集まってくれたのは、春休みのOT室にあらわれた「かいと」くんと、プレステのゲームコントローラを自分なりに、カスタマイズをしたいと、密かに野望を抱いている「むかいくん」のふたり。



プログラムって難しそうって思うかもしれませんが、最近では、小学生からプログラムを教えたりしているそうで、取っ付き易いように、ブロックを積み重ねるように、学習できるように工夫されています。



みなさんもいかがですかーーー(・∀・)





動画




工作 2016-03-30 21:42 この記事のURL

第25回コレスペ塾


本日は名古屋からの「あいば」くんの講演

「あいば」さんは自宅で家族と生活し、日中の身辺介助や外出の介助、夜間就寝時の見守りや体位交換の介助ヘルパーも利用しているとのこと。最初は自宅に家族以外の人が入ることへの抵抗や、コミュニケーションが上手くとれるのか不安があったようです。

よくある質問として「寝るときにヘルパーがそばに居て緊張して眠れないことがありますか?」と、聞かれるそうですが、最初の頃は、緊張もあったが、今では、慣れましたとのこと。それよりも、「在宅生活では、ヘルパーの利用が欠かせない。今日は何時に起こして欲しいというように、生活のスケジュールを家族に合わせるのではなく、自分で決められる!」ことが嬉しいと答えられていました。


「あいば」さんの話は滑舌がよく、とても聴きやすい!

なんでも、アナウンスの専門学校に通い、ラジオのDJや朗読などを勉強していた経験があるとか。。。納得です。(・∀・)

最近では、持ち前の聴かせる声を活かし、ボランティアで老人ホームなどで本の読み聞かせなどの活動をしているようです。そんなアクティブな方ですが、以前はとてもネガティブで将来について考えることがあまりなかった。諦めていたそうです。現在の自分があるのは、専門学校の校長先生から受けたある言葉でした。

その専門学校の校長先生からは、障害者がこの学校で学んでも何もできないみたいなことを言われたそうです。しかし、この言葉に怒りを覚えて、諦めずに頑張って取り組むようになったとのこと。

きっと、校長先生の発言は、奮起させる言葉だったのかもしれません。


これからも、自分の活動を通して、同じように障害を持つ人達が諦めず、頑張っていけるようこれからも挑戦を続けていきたいそうです。
執筆:よっしー

コレスペ塾 2016-03-30 20:45 この記事のURL

マウスのちょこっとした工夫

小型マウスのクリックが固くて押しにくい。。。そんな時に「てこ」はいかがでしょうか?

通常の固さが、「80g」近いのですが、この工夫をすると「20g」程度に!



3Dプリンタで蝶板をつくりましたー



動画


パソコン 2016-03-29 21:36 この記事のURL

車いすで、タブレット

「あお」ちゃんは、今、電動車椅子に乗りながら、タブレットをできるように環境を整えています。

タブレットは、ネクサスで、操作は、ワンキーマウスのブルートゥース版。

アームで車いすに固定して、車いすを操作しながらでかけられます。

みなさんもどうですか?(・_・)



スマホ・タブレット 2016-03-28 21:25 この記事のURL




ページのトップへ戻る