WARY-BASHER(ワリバッシャー)

TREE-WAREの石川さんの作品。
DCモーターを利用して、「押す」「引く」「叩く」などの動作をスイッチで実現できます。

スイッチを押すと、モーターが回転して糸を巻き、棒が動く仕組みです。
■製作方法
石川さんのHPよりPDFでダウンロードできます。
Wary-Basher の作り方

価格材料費のみ
メーカー TREE-WARE
入手先 WARY-BASHER(製作方法)
どんな時に使うの?
■用途
 ・パソコンの電源ボタンが固くて押せない
 ・太鼓をたたいて演奏会は?
 ・リモコンのボタンを押してみよう!
ここがいい!
手に入りやすい部品で作成できます。製作材料費は500円以内!
たくさん製作して、スイッチで、ハンドベル演奏会なんてよさそうですね。(*´∀`)
ポイント
ワリバッシャーは手作り品ですが、市販製品では、トクソー技研の「オスイッチ」があります。
価格や用途によって、使い分けるとよいと思います。(・∀・)
紹介動画
画像

関連道具

この記事のURL
ページのトップへ戻る